男の節約道男の料理料理のひと工夫

艶々で深みのある味に!ご飯をさらに美味しく炊く為の7つの素材

日本人の主食はやっぱりお米。我が家でもほぼ毎日ご飯は炊いているのですが、毎日食べるものだからこそ、少しでも美味しくしたいですよね。

そこで今回は炊飯器に一緒にいれて炊くだけで、ご飯が何倍も美味しくなる7つの素材を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

日本酒

日本酒はもともとお米でできていますからね。ご飯と相性が悪いわけがないのです。

お米一合につき、日本酒おおさじ一杯が目安です。ご飯に甘みが出て、ふっくらと炊きあがります。

最初の一覧に戻る

みりん

日本酒がない時には、みりんで代用ができます。

ただし日本酒よりも甘みが強いので、お米一合につき、こさじ一杯と、日本酒よりも少なめにすると良いでしょう。

日本酒同様に、甘みが出て、ふっくらと炊きあがりますよ。

最初の一覧に戻る

備長炭

備長炭を一緒に入れて炊くと、水のカルキ臭や、お米のヌカ臭さを吸着してくれて、雑味のないすっきりとした味わいのお米が炊きあがります。

また遠赤外線の効果でふっくら炊き上がるとも言われています。

炊飯専用の備長炭を選ぶとよいでしょう。

最初の一覧に戻る

天然塩

精製された塩ではなく、海塩や岩塩といった天然塩をひとつまみ入れて炊く事で、甘みと旨味が増します。

天然塩にはミネラルが豊富なので、身体にも良さそうですね。

最初の一覧に戻る

食用油

サラダ油や、オリーブオイル、ごま油などを、お米二合に対して、小さじ一杯程度を加えて炊くと、艶のあるご飯になります。

入れ過ぎるとくどくなるので注意してくださいね。洋食にはオリーブオイル、和食にはごま油と使い分けると、おかずにマッチしたご飯になりますよ。

最初の一覧に戻る

昆布

昆布に含まれるグルタミン酸は旨味成分の一種。昆布の旨味を存分に吸ったお米が美味しくないわけがありません。

焼き魚や、お肉との相性は抜群です。

最初の一覧に戻る

はちみつ

今回紹介した7つの素材の中で、唯一私が試した事がないのが、この「はちみつ」です。

ポイントとしては、お米を研いだ後に、お米二合に対してこさじ1/4程度(本当にちょっとですね)を入れて、よく混ぜてはちみつをお米になじませて、30分ほど置いてから炊くとよいそうです。

まあ当然ですが、甘みが出て、艶のあるご飯が炊きあがるようです。

最初の一覧に戻る

まとめ

  • 注意したいのは、美味しくしたいからといって今回紹介した7つを全部投入してしまう事です。せいぜい1〜2種類ほどの組み合わせにとどめておくのが懸命です。
  • 個人的には「日本酒×昆布」「天然塩×昆布」「食用油×昆布」などの組み合わせがオススメです。
  • はちみつは、いつか試してみたいと思います、、、、。
スポンサードリンク

日時: 2015年06月12日 17:27:男の節約道男の料理料理のひと工夫

是非お友達にも教えてあげてください!

この記事がお役に立てましたら、是非お友達にも教えてあげてください。多くの人に読んでもらえると、更新を頑張る励みになります。よろしくお願いします!

ページ上に戻る

管理人紹介

サムリ。1974年4月生まれ、東京都出身、埼玉県在住。二児の父。フリーランス。

安月給の会社に就職と同時に一人暮らしをはじめる。貧乏を経験するも、そこで家計のやりくりに目覚め、結婚資金を貯める事に成功。転職を経て、結婚。その後フリーランスとして独立。収入は不安定ではあるが、現在も節約生活を実践し頑張っています。詳しいプロフィールはこちら

個人アカウント

更新専用アカウント

カテゴリ一覧
サイトの更新情報の確認はコチラ

ページ上に戻る