男の節約道節約術子育ての節約術

子育て世代は地域のジジババを上手に利用しなさい

我が家は、奥さんの実家や奥さんの妹家族が近くに住んでいるので、いろいろとお互いに助け合って生活しています。

しかし夫婦共に実家から遠く離れて暮らしているケースだと、なかなか周りの人に助けてもらう事が難しいかと思います。

言い方が少し悪いですが、そんな時は近所のジジババを上手に利用すべきだと考えます。

スポンサードリンク

高齢者は時間とお金を持て余している

高齢者の多くは、子供達がすでに大きくなって独立し、夫婦だけまたは単身で暮らしているケースが多いです。

団塊世代と呼ばれていた彼らは多くの退職金をもらい、年金もまだ充実している世代なので、お金を十分持っています。

そして時間を持て余しています。

さらに何より彼らは子育ての大先輩でもあります。

最初の一覧に戻る

必要とされる事に喜びを感じる人がいる

近所の高齢者からお金をせびるという話ではありませんww

日頃から挨拶を交わし、世間話ができるような良好な関係を作り、子育てのアドバイスや助力を仰ぐのです。

特にご婦人は、子育てが終わり、子供の世話が終わった事で、一気にやる事がなくなり、暇を持て余している傾向があります。

子供の為を思えばこそ、毎日料理を頑張ってきたわけで、夫婦だけ、または一人だけでは料理を作る気すらおきない。実際にそんな方が私の近所にはいらっしゃいます。

私の奥さんは人当たりが良いのか、ご高齢の方と仲良くなるのがとても上手です。

気さくになんでも話しかけ、話を聞いてあげ、逆に相談をし、あっという間に仲良くなってしまいます。

そして気がつくと、おすそ分けといって煮物をいただいたり、いらなくなったカバンをいただいたり、お裁縫でちょっとした小物を作ってもらったりしているのです。

奥さんは決して無理強いはしていません。ただ褒め方と甘え方が上手なのです。

子育てから開放されたご婦人は、暇になった反面、生活に張りがありません。話し相手も少ないし、頼る事も頼られる事もありません。

奥さんはそこを上手に頼っていくんですよね。

ご婦人にとっては負担になるかもしれない事もあるのですが、決して嫌な顔をせず、むしろご婦人の方から積極的に連絡を取ってくれて「煮物を作ったから取りにいらっしゃい」「押入れにまたいらないの出てきたからあげるわよ」と何かと助けてくれるのです。

そう、人によっては、頼られる事、誰かに必要とされる事が嬉しい、楽しいと感じるのです。

最初の一覧に戻る

子育て世代はいろいろ助かり、高齢者はイキイキしてくる

ハッキリ言っていい事ずくめです。

子育て世代にとっては様々な援助をしてもらえます。おすそ分けをもらったり、不要品をもらったり、作ってもらったり。奥さんの妹は近所のご婦人に、子供を預かってもらう事もあるそうです。

さらに地域の様々な情報も教えてくれます。先日も美味しい定食屋さんの場所を教えてもらいましたw

そして高齢者はイキイキしてくるように思います。「やっぱり若い人と話するのは楽しいわね」とそのご婦人は言ってくれます。

奥さんが頼ることで、生きがいのようなものを感じ、生活に張りが生まれているのかもしれません。

最初の一覧に戻る

まとめ

  • 少し乱暴なタイトルをつけてしまいましたが、地域の高齢者と仲良くなり、上手に褒めて上手に頼る事で、子育てを様々な形でサポートしてくれる強い味方となってくれます。
スポンサードリンク

日時: 2015年06月11日 17:23:男の節約道節約術子育ての節約術

是非お友達にも教えてあげてください!

この記事がお役に立てましたら、是非お友達にも教えてあげてください。多くの人に読んでもらえると、更新を頑張る励みになります。よろしくお願いします!

ページ上に戻る

管理人紹介

サムリ。1974年4月生まれ、東京都出身、埼玉県在住。二児の父。フリーランス。

安月給の会社に就職と同時に一人暮らしをはじめる。貧乏を経験するも、そこで家計のやりくりに目覚め、結婚資金を貯める事に成功。転職を経て、結婚。その後フリーランスとして独立。収入は不安定ではあるが、現在も節約生活を実践し頑張っています。詳しいプロフィールはこちら

個人アカウント

更新専用アカウント

カテゴリ一覧
サイトの更新情報の確認はコチラ

ページ上に戻る